サンロクキッチン店長インタビュー

サンロクキッチン 一人目の利用者である LeiLani Café(レイラニカフェ)店長、佐藤理恵さんのご紹介です。

理恵さんはHand Made Shop LeiLani(ハンドメイドショップ レイラニ)として、中町に雑貨屋を営むかたわら、夜は北前横町のチャレンジショップとして出店もしております(2018年9月現在)。また、イベント(カップリングパーティー、クラフト、音楽)などの主催(企画・運営)もしています。近々、「中町 肉フェス」(2018年10月7日)にも出店予定です。サンロクキッチンの利用は11月までですが、延長の可能性もあるそうなので、11月まで忙しくていけないかも・・という人も、期待できそうですね。

Q1 サンロクキッチンに応募した理由は?

将来自分の経営するカフェ&バルのお店をオープンさせたいのですが、いきなり、店舗を持つのは不安でした。そこで、地元酒田のお試し店舗、サンロクキッチンで営業し、お客様のニーズを知り、何が必要で、何が不要かを勉強できると思ったのが理由です。

 

Q2  LeiLani Caféメニューのアピールポイントは?

サンロクキッチンでは今のところ、ランチ営業なのでランチメニューで、カフェの名前にちなんでハワイアン料理のロコモコとパスタを定番としています。特にデミグラスソースにはこだわっていて、手作りなんです。一品は日替わりメニューになります。水曜日は、日替わりメニューをワンコイン500円で提供しています。

ハワイアンの料理を食べられるところが酒田ではあまりないので、定番であるロコモコをベースに季節にあった料理や、自分が今食べたいと思った料理をメニューに取り入れています。

 

Q3 サンロクキッチンをやってみて思うことは?

自分が食べたいものとニーズが合っているのかどうか?を常に考えています。季節に合わせた料理については、寒くなるとハワイアンの料理ではなくなってしまうので、どうしようか悩みます。(悩むことも楽しいのですが・・・)試行錯誤して、お客さんに提供をし、結果、お客さんの反応が良いと、とてもうれしいです。リピーターの方が飽きないようにメニューや価格に変化をつけています。

 

Q4  LeiLani Caféので心がけていることは?

ほっこりとした家庭的な料理を心がけています。料理だけでなく、お店全体の雰囲気も。

午前中のお仕事の疲れを癒やし、落ち着く雰囲気を大切にしています。

お客様やサンロクスタッフの意見をしっかりと聞き、次にいかしていきたいです。

 

Q5 サンロクキッチンを利用して思ったことは?

客層は役所関係の方が多いです。だから1時間のお昼休みに集中するため、料理提供の時間の流れを勉強することができました。いかに、スムーズに、スピーディーに提供ができるかを考え、サービス向上に努めることができました。そのおかげなのか、常連のお客様が徐々に増えて、とてもありがたいです。

 

Q6 お客様へのメッセージをお願いします

お昼休みにレイラニカフェのランチでほっこりしていただいて、午後からもがんばるぞ!という気持ちになっていただけるように、そっと応援をしているつもりで料理をだしています。リピートしてくださるお客様においては、召し上がる量をチェックしていて、次回の量の参考にしています。また、こんな料理をLeiLani Caféで食べてみたい!というリクエストがございましたら、遠慮なく言ってください!勉強します!

サンロクキッチン利用中は様々なことを学び、将来的に自分の店舗をオープンする予定です!!

 

Q7 サンロクキッチンに望むことは?

自分自身でも宣伝はしている(フェイスブックやインスタ)のですが、限界があります。サンロクキッチンとしての宣伝をもう少しがんばっていただきたいです。開店しているのかどうかわからない、定休日はいつ?という声が多々ありました。なかなか浸透していないのが現状です。

 

 

 

とても前向きな佐藤理恵さん。小3の息子さんが料理の味見をしてくれるそうです。

ご自分のお店(カフェ)を持つことを目標に毎日明るくがんばっているお母さんです。

雑貨のお店やイベント企画・運営も一人でこなしてしまうパワフルな女性でもあります。

頑張れる理由は「楽しいから」だそうです。輝いていてとても素敵です。

理恵さんのほっこりするハワイアンな料理と笑顔とエネルギーをもらいにLeiLani Caféでランチしませんか?

 

PAGE TOP